LINEで盛り上がったメール友達との楽しみ方

LINEで盛り上がったメール友達との楽しみ方

フィーチャーフォンが主流だった頃はメル友は文字や絵文字、顔文字だけで文通の様な事をしていたイメージがありますが、スマートフォンで大人気のLINEが登場した頃にはスタンプと言う可愛らしい感情をイメージしやすい画像が簡単に使えて楽しみも増えました。
顔文字や絵文字でも感情表現はある程度可能だったのですが、スタンプのように大きな画像を使えばもっと感情豊かで楽しくメールの送受信ができるようになりました。
しかもパソコンで動く画像のGIF画像のような動くスタンプも女性をはじめ大人気です。
女性が多く利用するサービスには男性のユーザーも自然と増えてきますので、結果40歳以上の男性でも当たり前のように可愛らしいスタンプを使うようになりました。

 

メル友と楽しむには女性が気に入るような内容にしないといけません。
年配の男性で失敗してしまうパターンは、絵文字くらいしか使わない長文のメールです。
フィーチャーフォン時代の昔のクセなのかチャットの様に利用するLINEでは長文の文字だらけのメールはご法度です。
一度に一気に書いた長い文章は女子には非常に嫌われてしまいます。
言いたい事を一気に説明したい男性の気持ちは分かりますが、LINEではチャットのような1行メッセージを送信し合うイメージで行うようにしましょう。
言いたい事があっても完結にスタンプを織り交ぜながら楽しく読めるようにしましょう。
そうすると、どうしても幼稚な感じになってなってしまいますがLINEでは幼稚な子供の様なメールがウケます。

 

高画質な写真や動画などのメールでの送受信も今では気軽にできてしまいます。
昔では携帯電話で撮影した高画質の映像をメールに添付して送信しようとしたら、容量が大きいとエラーで送信できなく画像処理ソフトで画質を悪くしてから送信しなくてはいけなく非常に面倒でした。
身分証明書を撮影して送信エラーになった方や異常に時間がかかってしまう事もありました。
しかし今では高画質な写真でもすんなりとメールに添付して送信できますし、LINEのようなアプリにも簡単に添付できるようになりました。

 

しかも写真だけでなく短い動画でも簡単に送る事が可能です。
スマホで数秒間撮影した映像をLINEで送るのは今では普通の事ですよね。
メル友と上手に楽しむためには文字だけでなくスタンプや写真、ムービーなどを織り交ぜて使うようにしましょう。